円形や波系などテキストを
パスに沿って配置できます。

Hanai Akihiro

Design

【動画あり】Figmaのプラグイン『To Path』の使い方|テキストをパスに沿って配置してみよう。

Post:2024.03.19 / Rewrite : 2024.03.19

View

46 views

テキストを円や、波線などの曲線のパスに配置するには、To Pathプラグインを使います。

figma-plugin-topath

動画で見る|Figmaのプラグイン『To Path』の使い方

Figmaのプラグイン『To Path』の使い方

figma-plugin-topath

まず、テキストとオブジェクトを用意します。
それぞれを選択した状態で、To Pathプラグインを起動します。

Vertical Alignで垂直方向の配置、[Horizontal Align で水平方向の配置、Offset(px) の数字を増やしていくと、時計の進行方向にテキストの配置場所が進みます。

今回は初期設定のままでいきます。
Linkをクリックすると、パスに沿ってテキストが配置されます。

これでテキストを円形に配置することが出来ました。

ただ、円形のサイズに対してテキスト量が少なすぎるので、テキスト量を変更して、全体のバランスを調整してみましょう。

To Pathプラグインを停止して、元のテキストを削除しましょう。

次に、波線に沿って、テキストを配置してみます。
波線を描くには、Wave & Curveプラグインを使います。

ちょうど良い波線を表示させ createから挿入します。
あとは、同じ要領で、テキストを用意し、それぞれを選択した状態で、To Pathプラグインを走らせます。

良い感じですね。

Contact

お問い合わせ

こんなことを伝えたい!こんな表現がしたい!
これくらいの期間・予算で考えてるんだけど...
まずは、あなたのご要望をお聞かせください。
誠心誠意、お応えいたします。

contact
tel tel