直感的にUIを使って
シャドウを表現できます。

Hanai Akihiro

Design

【動画あり】Figmaのプラグイン『Beautiful shadows』の使い方|オブジェクトに綺麗なシャドウをつけよう。

Post:2024.03.18 / Rewrite : 2024.03.18

View

152 views

デザインをする上で、シャドウを使う事は多々あると思いますが、
Figmaのデザイン上では、シャドウをより直感的に、美しく落とすことができます。

figma-plugin-shadow

【動画あり】Figmaのプラグイン『Beautiful shadows』の使い方

Figmaのプラグイン『Beautiful shadows』の使い方

ドロップシャドウを、より直感的にUIを使って表現するにはBeautiful shadowsプラグインを使います。

1.シャドウを落としたい要素を選択した状態から、Resourcesで Beautiful shadowsプラグインを検索。
2.まず、プラグインのパネルの背景を、ウィンドウの背景に合わせましょう。
3.3点ドッツから値を数値で確認しつつ、視線を移動させます。

すると、要素に影が落ちます。

影の色を変更したり、影の広がり、透明度は数値で変更できます。

ちなみに、背景を切り抜いた要素自体にも影を落とす事ができます。

Contact

お問い合わせ

こんなことを伝えたい!こんな表現がしたい!
これくらいの期間・予算で考えてるんだけど...
まずは、あなたのご要望をお聞かせください。
誠心誠意、お応えいたします。

contact
tel tel