1度接続すると、フレームを動かしても
矢印が追尾してくるので便利です。

Hanai Akihiro

Design

【動画あり】Figmaのプラグイン『auto flow』の使い方|画面遷移図を書こう。

Post:2024.03.25 / Rewrite : 2024.03.25

View

94 views

Autoflowは図形やフレーム間を、簡単に矢印で接続できるプラグインです。

figma-plugin-flow

動画で見る|Figmaのプラグイン『auto flow』の使い方

Figmaのプラグイン『auto flow』の使い方

Autoflowを起動します。「Autoflow」パネルを表示し、線の色や太さ、開始位置と終了位置のあしらいを設定します。

このパネルを表示した状態で、開始位置のフレームを選択し、その後終了位置のフレームをshiftを押しながら選択します。

すると選択したタイミングで自動で線が引かれます。

Contact

お問い合わせ

こんなことを伝えたい!こんな表現がしたい!
これくらいの期間・予算で考えてるんだけど...
まずは、あなたのご要望をお聞かせください。
誠心誠意、お応えいたします。

contact
tel tel